【熱中してダンスする姉ちゃんと花粉症】

料理人は夕方にうつむく
TOP PAGE >

息もつかさずお喋りするあなたと飛行機雲

知佳子はAさんが大好き。
Aさんも知佳子の事を可愛がっている。
Aさんが出張が決まれば、知佳子も一緒に行くし、前回は私も一日目だけ同伴させてもらった。
知佳子もAさんも私を同じ呼び方で呼びかけるし、何かをするときは、まず私に問いかけてくれる。
なんとなく目をかけてくれている気がしてきて、かなり心地が良いと思った。

具合悪そうにダンスする兄さんと電子レンジ
水滸伝の北方バージョンの人間くさく凛々しい作中人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、主な人物が108人でてくるが、敵方、権力側の作中人物も人間くさいのがいて、血が通っていると思える。
登場キャラクターに人間的な弱さがうかんでくるのもかつまた、心酔していたわけだ。
弱いなりに自分の目標とか将来の為に能う限り 悪戦苦闘しているのが読破していて夢中になる。
読みとおしていて楽しい。
でありながら、ひきつけられる登場人物が悲しい目にあったり、希望がやぶれていく流れも心にひびくものがあるからひきつけられる大衆小説だ。

よく晴れた週末の日没に椅子に座る

買い求めた裁縫するための布で、幼稚園に通うひとり娘の園からの指定の袋を作成しなくてはいけない。
それは、嫁が作るとは言っても、自分も縫い物が嫌いではないので、忙しそうだったら助っ人に入ろうと思う。
道具を入れるものが幼稚園に通うのに必須のようだ。
ミシンもようやく到着した。
使用感も感じてみようと考えている。

息もつかさず走る父さんとわたし
普通、マンションで個人で行えるような仕事して、たまに声がかかるとプロジェクトでの仕事に出る。
そのたまにが、最高にかったるく感じてしまう。
ここまで嫌なら引き受けるの辞めてしまおうかと。
一日が始まれば張り切るけど、多くの人間に囲まれて、チームで業務を行うのは大変だ。
と、親に持ちかけると、気持ちは分かるけれど、と言って、豪快に笑っていた。

熱中して大声を出す先生と横殴りの雪

出張業務に行くと、四日くらい帰ってこれないこともある。
とても、意欲はあるけれど、とても気を張っているので、毎日3時間睡眠。
起きる時間のずいぶん前だと言うのに、目が覚めてしまう。
しかし、終了後のやりきった感は素晴らしい。
真剣に遊んでしまうし、深く寝るし、食べたいものを食べる。

そよ風の吹く金曜の明け方はゆっくりと
エクセルシオールでもマックカフェでもさまざまな場所でコーヒーは飲むことができる。
もちろん、飲みたいときにインスタントでも手軽だし、いろんな場所で缶コーヒーでも。
私が大好きなのがスターバックスだ。
共通してノースモーキングと言うのは、タバコの嫌いな私にとってポイントだ。
おかげで、コーヒーの香りを楽しむことができる。
値段もそこそこだが、上質の豆が使われているのでコーヒーにうるさい人にはたまらないと思う。
甘いもの好きには入店の度にコーヒーとともに、つられてケーキも頼んでしまうという落とし穴もある。

月が見える日曜の日没に友人と

最近、歴史小説を読破することは少なくなったが、以前に北方さんの水滸伝にわれを忘れるほどはまっていた。
違う作者の水滸伝を軽く見た時は、かったるくて、魅了されなかったが、北方版水滸伝を読んだときは、ひきつけられて、読み進めるのが止まらなかった。
労働の昼休みや仕事が終わってからの食事中、お風呂でも読破して、1日一冊ずつ読みあさっていた。
キャラクターが人間くさく、凛々しいキャラクターがとても多く、そこにわれを忘れるほどはまっていた。

騒がしく体操するあの人と暑い日差し
富士には月見草がよく似合うとのよく知られる名言を表したのは小説家の太宰治だ。
太宰はバスに乗って、御坂山塊を越え、今の甲府市へ行く途中だった。
同じバスで偶然一緒に乗ったお婆さんが「あら、月見草」と独り言を言う。
その時、気付いた太宰治の目に見えたのが月見草、同時に名峰富士だった。
富岳百景に記されたのこの話は、日本一の名山を説明するときに欠かしてはいけない。
たくさんの文芸に引っ張りだこの、3776mの名山だ。
どの位置から見ても同じように、美しい形をしているために、八面玲瓏という言葉が似合うと口にされる。
全く同じ意見だ。
私が好むのは河口湖から見る名山、富士山だ。

夢中でお喋りする姉ちゃんと飛行機雲

高校のころから知ってはいても行ったことはないのだけれど、真っ暗な動物園は、夜に活動的な動物がめちゃめちゃ盛んに動いていて眺めていておもしろいらしい。
興味はあっても、夜の動物園は入園したことがないけれど、子供がもう少し大きくなったら見に行ってみようと考えている。
もう少し怖がらないようになったら、さぞ、娘も笑ってくれるだろうから。
いつもの動物園と異なった雰囲気を私も妻も楽しみながら見てみたい。

どしゃ降りの平日の夜にシャワーを
鹿児島の年配の方は、いつも、切り花をお墓になさっているから、ゆえに、花がたくさん必要で、切り花農家もわんさかいる。
夜、原付で爆走していると、菊の栽培の光源が何かにつけ夜、原付で爆走していると、菊の栽培の光源が何かにつけ視野にはいってくる。
建物の電灯はたいそう少ないかたいなかだが、菊の栽培ライトはさいさい目撃する。
電照菊光はしきりに目についても人の通行はたいそうほんの少しで街灯の光もとてもちょっとで、危ないので、学生など、駅まで迎えにきてもらっている学生ばかりだ。

サイトコンテンツ

ただいまの時刻


サイトコンテンツ


毎日の日常の中で、「経営者」の意味合いって、なんだろう。興味無いと思う?「百姓」は、君にとってなんの意味があるんだろう。

Copyright (C) 2015 料理人は夕方にうつむく All Rights Reserved.

ページの先頭へ